<< 「LogoVista メディカル2009 ベーシック/フルパック for Win/Mac」発売予定 | main | 「LogoVista メディカル 2009」シリーズのバナーを追加 >>

「翻訳スタジオ LE 2009 for Windows」を購入

筆者のサイト (http://www.aptransways.net/) やメルマガに書いているC社製翻訳ソフトというのは、クロスランゲージ社製の翻訳ソフトのことです。

筆者はこれまで「翻訳スタジオ LE 2008 plus for Windows」を使用していたのですが、つい最近、最新バージョンの「翻訳スタジオ LE 2009 for Windows」にバージョンアップしました。

この製品は、プロの翻訳者向け英日・日英翻訳ソフト「Transer シリーズ」の下位バージョンで、Transer シリーズの主要機能を継承した製品です。

今回の新バージョンでは、翻訳エディタ内で WEB と連動してキーワード検索を実行できる「WEB 検索機能」などの新機能が搭載されました。他にもキャプチャ翻訳やワンポイント翻訳と呼ばれる機能も新たに追加されたようですが、たぶん「WEB 検索機能」が今回の機能追加の目玉だろうと思います。

早速この新機能を使ってみたのですが、翻訳エディタの一番下にある検索ボックスにキーワードを入力して(翻訳ペイン内の単語をクリックして貼り付けることも可能)検索を実行すると、Google などの検索エンジンによる検索結果や「英辞郎 on the Web」による検索結果が翻訳ペイン上にブラウザ表示されます。

別途ブラウザを起動して検索する必要がないので、なかなか便利そうです。


「翻訳スタジオ LE 2009 for Windows」の製品概要

 


翻訳ソフトをバージョンアップまたは買い換えたときの筆者の恒例行事として、旧バージョン(翻訳スタジオ LE 2008 for Windows)と新バージョン(翻訳スタジオ LE 2009 for Windows)の翻訳結果(和訳文)を比較してみましたので、その比較結果についても簡単に書いておきます。

翻訳結果の比較では、事前に用意した 64 種類の英文を初期設定で翻訳させて、旧バージョンの翻訳結果と比較してみました。

その 64 文のうち、まったく同じ翻訳結果になったのが 57 文で、翻訳結果に違いが見られたものが残りの 7 文でした。

翻訳結果の内訳は、以下のような感じです。

同じ翻訳結果 ..... 57
翻訳品質同程度 ... 05
翻訳品質が改善 ... 02
翻訳品質が悪化 ... 00


7 文のうちの 5 文で「翻訳品質同程度」となっているのは、単語の訳語が別の訳語に変わった程度で、訳出文の品質に大きな違いはないと判断したからです。これはたぶん辞書を増強したことによる変化だと思われます。訳語が変化することで翻訳品質が向上することもありますが、この 5 文についてはそれほど大幅な品質向上ではないだろうと判断しました。

今回のこの結果は、ほぼ予想どおりでした。
この製品は旧バージョンの発売から新バージョンの発売までの間隔がたしか 10 ヶ月ぐらいしかありませんでしたので、翻訳品質にあまり大きな変化はないだろうと思っていました。それでも「翻訳品質改善」が 2 文あり、「翻訳品質悪化」が 0 だったことは良かったと思います。

(注: 新旧バージョンで同じ翻訳結果になった 57 文の中には、質的に良い文も悪い文もすべて含まれます。)

今後も、テスト用例文の数を増やしながらこの比較テストを続けてみたいと思います。


[See Also]

▼「翻訳スタジオ LE」シリーズの翻訳例
http://www.aptransways.net/APC.htm


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 12:41, kawa, 評価レポート

comments(0), -, pookmark

comment