翻訳ソフトのメルマガ No.302 を配信(N社製製品による日常英文翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.302 を配信しました。
今回の例文は、会話にも使えそうな比較的短い日常英文です。

使用した翻訳ソフトは、N社製(NEC社製)の翻訳エンジンを採用したソースネクスト社製の製品「本格翻訳9」です。

<英文> I should have come sooner but I was busy with one thing and another.

<目標訳> もっと早く来るべきだったけれども、あれやこれやで忙しかったんです。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0302.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 20:40, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark

翻訳ソフトのメルマガ No.301 を配信(T社製製品によるニュース記事翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.301 を配信しました。
今回の例文は、日本の月周回衛星「かぐや」の観測データを調べた結果、月の地下に長さ 50 キロメートルの空洞が見つかったことを伝えた報道記事の一部です。

使用した翻訳ソフトは、T社製(東芝ソリューション社製)の翻訳エンジンを採用した製品「The翻訳 2009 ビジネス」です。

<英文> JAXA data shows cave under surface of moon
TOKYO (Jiji Press) ― An international research team, including the Japan Aerospace Exploration Agency, or JAXA, said Wednesday that it has found a 50-kilometer-long cave under the surface of the moon through a study of observation data from JAXA’s Kaguya (Selene) lunar orbiter launched in 2007. --- the-japan-news.com 2017/10/19

<目標訳> 月の地下に空洞、JAXAのデータから判明
東京(時事通信) - 宇宙航空研究開発機構(JAXA)を含む国際研究チームは水曜日、2007年に打ち上げられたJAXAの月周回衛星「かぐや」(セレーネ)の観測データを詳しく調べた結果、月の地下に長さ50キロメートルの空洞を発見したと発表した。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0301.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 21:13, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark

翻訳ソフトのメルマガ No.300 を配信(C社製製品による技術文翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.300 を配信しました。
今回の例文は IT 関係の技術文で、コンピューターやソフトウェアのマニュアルなどで見かけそうな例文です。

使用した翻訳ソフトは、C社製(クロスランゲージ社製)の翻訳エンジンを採用した製品「PC-Transer 翻訳スタジオ LE 2010」です。

<英文> Unless otherwise specified, variables are assumed to be accessible from the current function.

<目標訳> 特に明記しない限り、変数には現在の関数からアクセスできるとされます。
(または)
特に指定がない限り、変数には現在の関数からアクセスできるとみなされます。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0300.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 20:05, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark

翻訳ソフトのメルマガ No.299 を配信(L社製製品によるニュース記事翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.299 を配信しました。
今回の例文は、米軍と韓国軍が 8 月 21 日から定例の米韓合同軍事演習を始めたことを伝えた報道記事の一部です。

使用した翻訳ソフトは、L社製(ロゴヴィスタ社製)の翻訳エンジンを採用した製品「コリャ英和!一発翻訳 2018 for Win」です。

<英文> US, South Korea begin joint military drills
US and South Korean forces have begun their annual joint military exercise amid simmering tensions with North Korea. The Ulchi-Freedom Guardian drills are being conducted in South Korea from Monday until August 31st. --- NHK World 2017/08/21

<目標訳> 米国と韓国、合同軍事演習を開始
北朝鮮との一触即発の緊張状態の中、米軍と韓国軍は定例の合同軍事演習を始めた。この演習は「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」と呼ばれ、月曜日から8月31日まで韓国で行われる。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0299.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 18:53, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark

翻訳ソフトのメルマガ No.298 を配信(F社製製品による日常英文翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.298 を配信しました。
今回の例文は、会話にも使えそうな比較的短い日常英文です。

使用した翻訳ソフトは、F社製(富士通/富士通ミドルウェア社製)の翻訳エンジンを採用した製品「ATLAS 翻訳パーソナル 2007」です。

<英文> The appearance of the town had changed so completely that we could only wander about at random.

<目標訳> 町の様子がすっかり変わっていたので、私たちは右往左往するだけでした。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0298.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 19:46, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark

翻訳ソフトのメルマガ No.297 を配信(N社製製品によるニュース記事翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.297 を配信しました。
今回の例文は、人工知能 (AI) とディープラーニング技術を活用した翻訳アプリがまた 1 つ増えたことを伝えた報道記事の一部です。

使用した翻訳ソフトは、N社製(NEC社製)の翻訳エンジンを採用したソースネクスト社製の製品「本格翻訳9」です。

<英文> There's a choice of translation apps these days. Now, IT giants are targeting Japanese. They're breaching the linguistic barrier by using artificial intelligence as well as deep learning technology. --- NHK World 2017/04/17

<目標訳> 最近は翻訳アプリの選択肢が増えてきている。IT大手が今、日本語対応に照準を合わせているからだ。各社とも、人工知能とディープラーニング技術を使って言葉の壁を打ち破ろうとしている。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0297.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


----------------------------------------
<追記>

今回のメルマガ No.297 の編集後記に、最近のトレンドである「ニューラル機械翻訳」について書いたのですが、こちらにも転記しておきます。
 ↓

≪引用はじめ≫

前回のメルマガ No.296 の編集後記にも書きましたが、機械翻訳の業界では今、翻訳エンジンの翻訳アルゴリズムが従来の「ルールベースの機械翻訳」や「統計ベースの機械翻訳(統計的機械翻訳)」から、人工知能 (AI) 技術を採用した「ニューラル機械翻訳」に移行しようとしているようです。

市販の翻訳ソフト(パッケージ製品)でも、今後は「ニューラル機械翻訳」方式の製品が発売されるという情報を見かけたことがあります。


これまで「ルールベースの機械翻訳」限定で対応してきたこのメルマガや筆者のサイト(http://www.aptransways.net/)でも、今後は「ニューラル機械翻訳」方式への対応が必要になってくるだろうと考え始めています。

昨年 11 月にこの新しい翻訳アルゴリズムが登場してきた当初は、そろそろこのメルマガもお役御免になる日が近づいてきたかと思ったりもしましたが、Google 翻訳の翻訳結果を見ていると、まだまだ問題山積だと感じてしまいます。


どんな形になるかはまだわかりませんが、「ニューラル機械翻訳」方式の進化を見守りながら、このメルマガや筆者のサイトにも業界トレンドに応じた機能変更を加えてゆきたいと思っています。

≪引用おわり≫


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 20:00, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark

翻訳ソフトのメルマガ No.296 を配信(T社製製品による技術文翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.296 を配信しました。
今回の例文は IT 関係の技術文で、コンピューターのマニュアルなどで見かけそうな例文です。

使用した翻訳ソフトは、T社製(東芝ソリューション社製)の翻訳エンジンを採用した製品「The翻訳 2009 ビジネス」です。

<英文> The loosely-coupled multiprocessor systems architecture permits two or more host processors to communicate with each other and to share access to a pool of peripherals.

<目標訳> 疎結合マルチプロセッサシステムのアーキテクチャでは、2台以上のホストプロセッサが相互に通信し、周辺装置のプールへのアクセスを共有することができます。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0296.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


----------------------------------------
<追記>

今回のメルマガ No.296 の編集後記に Google翻訳や Microsoft Translator(Bing翻訳)の最近の動向について書いたのですが、こちらにも転記しておきます。
 ↓

≪引用はじめ≫

今月(4月)中旬頃、機械翻訳に関する新しいニュースが 2 つ飛び込んできました。

まず 1 つ目、
昨年 11 月の Google翻訳に続き、Microsoft社も自社の翻訳エンジン Microsoft Translator(Bing翻訳)の翻訳手法を「統計ベースの機械翻訳(統計的機械翻訳)」から「ニューラル機械翻訳」に変更したようです。

そして 2 つ目、
上記の発表から 3 日後、「ルールベースの機械翻訳」を採用していた「Yahoo!翻訳」が 6 月 29 日にサービス終了となることが発表されました。


やはりこれが機械翻訳業界の新たなトレンドなのでしょう。今後のメインストリームになると思われる「ニューラル機械翻訳」では、翻訳精度が大幅に向上したと言われていますが、本当にそうでしょうか?。

確かに意味不明な翻訳結果が激減して、原文の真意を推測・理解しやすくなったように見えます。

ですが、「Google ニューラル機械翻訳」の翻訳結果を見ていると、とんでもない誤訳を見つけることがまだあります。先日も、否定と肯定が正訳とは逆になっているような事例を見かけました。その前後の文がそこそこ自然な日本語になっていたりすると、誤訳があることに気づかないまま読み進めてしまう危険性が以前よりも高くなったように感じます。

以前なら直訳調の訳出文だったので、人間によるチェックと修正が不可欠であることは一目瞭然だったのですが、「ニューラル機械翻訳」では一見まともに見える自然な訳出文の中に誤訳が埋もれるという状況が増えるような気がします。

見た目には翻訳精度が向上したように見えるとしても、まだまだ疑ってかかる必要がありそうです。

≪引用おわり≫


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 21:43, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark

翻訳ソフトのメルマガ No.295 を配信(C社製製品によるニュース記事翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.295 を配信しました。
今回の例文は、宅配便最大手のヤマト運輸が従来の宅配サービスの内容を抜本的に見直す方針を固めたことを伝えた報道記事の一部です。

使用した翻訳ソフトは、C社製(クロスランゲージ社製)の翻訳エンジンを採用した製品「PC-Transer 翻訳スタジオ LE 2010」です。

<英文> DEMAND FORCES CHANGES AT YAMATO
Japan's largest package delivery firm, Yamato Transport, is preparing to make some big changes in the fiscal year ahead. Executives say the new approach will address problems caused by a surge in demand, which has led to a shortage of drivers. --- NHK World 2017/02/28

<目標訳> ヤマト運輸、需要急増で方針変更
日本最大の宅配便会社のヤマト運輸は、来年度の業務に多少大きな変更を加える準備をしている。同社の経営陣は、この新しい取り組みでは需要の急増とそれに伴うドライバーの不足が引き起こす問題に対処すると語っている。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0295.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 21:23, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark

翻訳ソフトのメルマガ No.294 を配信(L社製製品による日常英文翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.294 を配信しました。
今回の例文は、会話にも使えそうな比較的短い日常英文です。

使用した翻訳ソフトは、L社製(ロゴヴィスタ社製)の翻訳エンジンを採用した製品「コリャ英和!一発翻訳 2017 for Win」です。

<英文> The incessant flow of customers in and out of the shop left me exhausted today.

<目標訳> 今日は顧客が入れ代わり立ち代わり店に出入りしていたので、私はすっかり疲れ果ててしまいました。
 (または)
今日は顧客が入れ代わり立ち代わり来店したので、すっかり疲れ果ててしまいました。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0294.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


----------------------------------------
<追記>

今回のメルマガ No.294 の編集後記に Google翻訳の最近の動向について書いたのですが、こちらにも転記しておきます。
 ↓

≪引用はじめ≫

このメルマガでは、既に数十年の歴史と実績がある「ルールベースの機械翻訳」を研究テーマにしているので、メルマガの中で Google翻訳を試す機会があまり多くありません。

Google翻訳は、昨年まで「統計ベースの機械翻訳(統計的機械翻訳)」という翻訳手法を採用していましたが、昨年 11 月に、AI 技術を導入した「ニューラル機械翻訳」という新しい翻訳手法に切り替わったようです。

この新しい翻訳手法に切り替わって以降、筆者も時々いくつかの例文を Google翻訳に翻訳させてその精度をチェックしているのですが、やはり以前の Google翻訳と比較して翻訳精度が格段に向上しているように見えます。これまではまったく使い物にならないツールだったのが、突然、頼りになる翻訳アシスタントに変貌した感があります。


「Google ニューラル機械翻訳」に対する筆者の最近の個人的感想を、以下に列挙してみます。

(1) 意味不明な翻訳結果が激減して、原文の真意を推測・理解しやすくなった。

(2) 特に理科系や技術系の論理的な文章の翻訳では実用レベルに近づきつつあるように見える。文科系の文章でも以前よりは大幅に改善しているのでは…。

(3) ルールベースの機械翻訳ソフトまたは統計ベースの機械翻訳ソフトを販売している日本の翻訳ソフトメーカーにとっては大きな脅威になると思われる。何らかの対抗策が必要になるのでは?(← 競合可能な AI 技術の導入など)。

(4) 英日翻訳(和訳)では、自然な日本語からほど遠い直訳調の訳出文になることも相変わらず多い。やはり機械翻訳に過ぎないと感じる翻訳例も多々見かける。 → 見た目には意味の通じる一見まともな日本語が出力されるが、それが自然な日本語ではないケースがまだまだ多いので、そのまま使ってしまうのは危険。あくまでも情報収集のためのツールとして使用し、訳出文を再利用する場合はまだ人間によるリライトが不可欠。


人間の翻訳者ならではのメリットである「意訳」をどこまでできるようになるのか、今後も注視していく予定ですが、面白そうな翻訳事例を見つけたらこのメルマガでも話題にしてみようと思います。

≪引用おわり≫


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 22:13, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark

翻訳ソフトのメルマガ No.293を配信(F社製製品によるニュース記事翻訳)

翻訳ソフトのメルマガ No.293 を配信しました。
今回の例文は、静止しているオートバイがスタンドなしでも自分でバランスをとって横倒しにならないようにする技術を本田技研工業が発表したという報道記事の一部です。

使用した翻訳ソフトは、F社製(富士通/富士通ミドルウェア社製)の翻訳エンジンを採用した製品「ATLAS 翻訳パーソナル 2007」です。

<英文> Honda Riding Assist
In a global debut at CES, Honda unveiled its Riding Assist technology, which leverages Honda’s robotics technology to create a self-balancing motorcycle that greatly reduces the possibility of falling over while the motorcycle is at rest. --- www.youtube.com 2017/01/05

<目標訳> ホンダのRiding Assist技術
ホンダは、Riding Assistという技術をCESの世界デビューで発表した。この技術にはホンダのロボット技術を活用しており、オートバイが静止している間でも倒れる可能性を大幅に低減する、自動バランス制御型のオートバイの開発・製造が可能になる。


★ 翻訳ソフト訳出文と、リライトツールによる自動リライト結果は・・・
  ▼▼▼
http://www.aptransways.net/mmagbn/no0293.html


例文の翻訳結果については、上記リンク先のメルマガ・バックナンバーを参照してみてください。

メルマガ登録ならこちらから (無料です)


---------------------------------------------------
英日翻訳ソフト活用サイト − AP Transways
---------------------------------------------------

at 21:38, kawa, メルマガ例文

comments(0), -, pookmark